FC2ブログ

MT+29* ∞ 気ままに多肉life ∞

のんびり...ゆったり...多肉ちゃんの可愛い成長を綴ります(〃゚ω゚〃)




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

神秘的な空間 :: 2018/08/16(Thu)

今回は、ずーっと前から楽しみにしていた、大谷資料館に行って来ました^_^

栃木県にある大谷石の地下採掘場跡なんですが、とても涼しいというのをチラっと小耳に挟んだので、夏休みに行こうと計画してたんです。

計画といっても、約1時間半程で到着するような近場なんですけどね(笑)

2日しかない夏休みなので、近場でどこか良いところは無いかと探し出した大谷資料館。なかなかの良いところでお気に入りになりました!

まず、駐車場に向かう途中から道路の両サイドに大谷石を感じることのできる風景にテンションが上がりました(*´꒳`*)


201808162016020be.jpeg



あまりに早く着き過ぎちゃったので、駐車場に車を停めて周辺を散策。ふと切り出された岩場を見たら、スズメ蜂の巣と思われる物体が!どこにあるかわかりますか?

20180816200015f66.jpeg



私はこの日、黒いTシャツを着てたのでスズメ蜂に襲われたらどうしようと、終始落ち着かなかったです(>_<)
でもよく考えたら、沢山の方が訪れる場所なので、スズメ蜂は既に駆除されていなかった様子。でも巣がある位なのでウロウロしてることもあるってことだよね。。。ちょっと怖かったです!

大谷資料館から少し離れたとこに大谷平和観音がありました。小学校1年か2年頃の遠足で来たことがあって懐かしかったなぁ〜。

20180816200033b3f.jpeg


遠足のお小遣いが500円までで、家にお土産を買おうと思ったら高くて買えなくて、その辺に落ちてた石ころを持って帰った記憶が蘇りました(笑)

まだ朝早くてオープンしてなかったけど、大谷観音の近くにはオシャレなパン屋さんもありましたよ。

201808161959379b5.jpeg


もう食べちゃったので写真はないですが、こちらのパンも帰りにちゃっかり買って帰りました。トレーに自分で乗せるのではなく、スタッフさんに頼んで取ってもらう形式のパン屋さんで、私はズッキーニのパンが美味しかったー♡また是非買いに行きたい!

散策をしているともう汗だく!とにかく暑かった。早く涼しいところへと、そろそろオープンするであろう大谷資料館へ戻ると、私達が停めた時はガラガラだった駐車場がもういっぱいになってました。

もし、大谷資料館に興味のある方は、やはり早めの到着をオススメします^ - ^

いよいよ地下の採掘場跡へ!階段を下りて行くと少しずつ涼しい空気の流れがヒンヤリ〜。HPを見てから行ったのですが、まさか地下の空間がこんなに広いとは思ってなくてビックリしました。

201808162016247a9.jpeg


20180816201612580.jpeg


映画やドラマの撮影でも使われてるそうで、るろうに剣心の映画撮影でも使われたようです。そういえば、あの最初の炎のシーン。。。言われてみればそうだねー!と旦那さんと2人で興奮!

20180816200222f5d.jpeg



20180816200057456.jpeg


古代遺跡のような、ちょっと神秘的な空間がこんな近場にあったとはビックリしました。なんか夏休みって感じがして、いい歳をした2人が小学生並みにワクワクして楽しかったです。

最初は涼しくて快適でしたが、長い時間いると寒くなってきます。地下は13℃という気温なので地上との寒暖差が半端ないです。

でも地上に戻るとやっぱり暑い!一気に真夏モードに引き戻されました。

隣にはカフェもあって、クレープ風に巻かれたガレットが美味しかった(o^^o)
どうやって食べたら良いか様子見をしてたんですが、最終的にはフォークは使わずカブリついて食べました(笑)


201808162001084fb.jpeg



2018081620013284f.jpeg



他にも日光天然水のかき氷とジェラートも頂いて満足。2人とも大食いって程ではないけど、とりあえず食べるのは好きなんです^ - ^


20180816200140199.jpeg



前回の海といい、今回の大谷資料館も子供の頃のワクワクを思い出す場所になりました。短い夏休みで今日から私は仕事でしたが、また頑張れそうです。

では、今日はこの辺で!読んで下さってありがとうございました(*^^*)


スポンサーサイト
  1. 日常
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。